メタルマッスルHMBの脂肪燃焼効果が気になる!

メタルマッスルHMBには、どのような効果があるのか気になりますよね。

 

メタルマッスルHMBは、GACKT愛用サプリとしても人気があり、GACKTの肉体に憧れてHMBを摂りいれてみようと思った方も多いはずです。

 

バッキバキに腹筋が割れていたり、二の腕の筋肉の盛り上がりが素敵だったりと、細マッチョを目指している方の憧れボディなのではないでしょうか。

 

そんなメタルマッスルHMBの、脂肪燃焼効果はどれくらいなのか、気になりませんか?

 

今回は、メタルマッスルHMBの脂肪燃焼効果に加え、脂肪燃焼のメカニズムを調査していきたいと思います。

 

>>メタルマッスルHMBはこちら

 

<脂肪燃焼のメカニズムとは>
“脂肪燃焼”という言葉は、よく耳にしたり目にしたりする機会があると思いますが、脂肪燃焼というのは具体的にどういうことなのでしょうか。

 

運動をしたり、動いたりすると体温が上昇し、血糖値が下がっていきますよね。

 

このときに血糖値を安定させるホルモンである、“グルカゴン”が分泌されます。

 

このグルカゴンから指令をうけた脂肪分解酵素の“リパーゼ”が血液中の脂肪を分解し、筋肉に運ばれ、運動エネルギーとして消費されることで、脂肪が燃焼されていきます。

 

また、脂肪細胞には“白色脂肪細胞”と、“褐色脂肪細胞”の2つがあります。

 

“白色脂肪細胞”は、脂肪太りの原因とされるものであり、皮下や内臓周辺に存在しているものが多いのです。

 

“褐色脂肪細胞”は、脂肪を減らす働きを持ち、首回りや、腋の下、肩甲骨などに存在して、刺激を与えることで活性化するとされています。

 

そのため、この“褐色脂肪細胞”を味方につけ、寒冷刺激を与えることが大事となるため、スポーツのあとに、首回りに冷たいシャワーを浴びせたり、水泳をするといったことが有効と考えられます。

 

蓄えられた脂肪を、分解して消費することが、脂肪燃焼に繋がるのです。

 

この脂肪燃焼のメカニズムを頭に入れておくと、どう運動すれば良いのかなども多少わかりやすくなるのではないでしょうか。

 

<メタルマッスルHMBに含まれる成分とは>
メタルマッスルHMBには、HMBの他にも、多くの成分が含まれています。

 

筋肉のコンディションを良好に保つ効果があるBCAA(メラメラ系アミノ酸)や、体内に最も多く含まれるグルタミン(回復系アミノ酸)、アスリートには欠かせないとされるクレアチン(強度アップ系成分)の3つの成分で筋力アップのサポートをしてくれます。

 

さらに、メタルマッスルHMBだけの特許成分として、黒生姜エキス、黒胡椒エキス、ビタミンEを配合し、筋力強化に一役かってくれています。

 

また、フェヌグリーク、オルニチン、赤ワインポリフェノール、トンカットアリ、バイオペリン、シュリンPF、CoQ10といった筋力アップサポートを成分も含まれています。

 

もっと詳しく知りたい方は、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

>>メタルマッスルHMBはこちら

 

<脂肪燃焼成分>
メタルマッスルHMBに含まれる成分の中で、脂肪燃焼効果があるものは、主に黒生姜エキス、シュリンPF、CoQ10です。

 

黒生姜エキスは、精力増進や抗酸化作用にも期待がもてます。

 

シュリンPFは、メタボリックに効果があるとされています。

 

CoQ10は、黒生姜エキス同様、抗酸化作用があるとされ、若返り効果にも期待がもてます。

 

この成分によって脂肪燃焼が行われ、さらには筋肉強化成分や、筋肉増強成分と合わさることで、GACKTのような細マッチョな肉体ができあがるのです。

 

脂肪燃焼も行いながら、筋力をつけていくことが出来るので、ダイエット目的に使用したいという方にもおすすめですね。

 

<メタルマッスルHMBの脂肪燃焼効果が気になる!:まとめ>
メタルマッスルHMBに含まれる成分は、HMBを除いて13種類もの成分が配合されています。

 

脂肪燃焼効果のある成分が配合されていることもわかりましたよね。

 

きちんと脂肪を燃焼させたうえで、筋力アップを行えるので、若々しいボディを作り保つことに期待がもてます。

 

いま注目のHMBが入ったメタルマッスルHMBで、GACKTのようなマッスルボディを目指してみませんか。