クレアチンは食品からも摂れるの!?気になる効果とは?

あなたのエネルギー源は何ですか?

 

食べることや、恋愛、仕事、趣味、遊びetc…いろいろあると思います。

 

体内でエネルギーを作り出す成分が何かは知っていますか?

 

体力を使う仕事をしている方や、筋力アップを目指している方、スポーツをしている方には馴染みの深いであろうクレアチン。

 

クレアチンはサプリで摂取するのが主流となっていますが、食品からも摂取することはできるのでしょうか。

 

毎日摂取する食品の中にも含まれていたら嬉しいですよね。

 

特に今トップアスリートの間でもこのクレアチンは重要視されているほど、効果的でエネルギー源となってくれることが期待できるのです。

 

運動をする方、筋力アップを望む方にクレアチンは欠かせないと言っても良いでしょう。

 

クレアチンのサプリや、クレアチンを含む食品をチェックし、効果アップを狙いましょう!

 

<クレアチンってどんなもの?>
クレアチンは、筋肉の中でエネルギーを蓄えている物質の一つと言われています。

 

クレアチンは消費したエネルギーを補い、エネルギー源として素早く回復する効果に期待がもてるため、持続的にトレーニングを行う方には欠かせない成分とも言えます。

 

筋肉の中に存在するクレアチンは、筋肉を使う運動やトレーニング時にエネルギーが使われるため、摂取することで筋力の持続時間に期待がもて、筋力を発揮しやすくなります。

 

ただ、直接的に筋肉の材料となるプロテインとは作用が違うので、代用として摂取するには向かないでしょう。

 

また、クレアチンは筋力だけではなく、脳や神経にも作用し、記憶能力の改善などの効果も期待できます。

 

<クレアチンは食品に含まれるの?>
クレアチンはサプリとして販売されていることが多いのですが、わたしたちが普段口にする食品にも含まれているのでしょうか。

 

答えはズバリ、含まれている!です。

 

クレアチンはもともと体の中で作られているので、食品にも含まれており、食品からも摂取することが可能です。

 

主な食品は赤身の肉(豚肉、牛肉)、魚(アジ、サケ)に含まれるとされています。

 

日常的な生活レベルであれば、このクレアチンは食品からの摂取のみで不足することはありませんが、運動量が多い方はその分消費量が増えるため、食品からだけでは十分なクレアチンが摂取できない可能性があります。

 

逆を言えば、毎日大量の赤身肉や魚を摂取しているという方には、クレアチンをサプリで摂取したとしても、効果を感じにくいかもしれません。

 

<クレアチンを効率良く摂取するには>
クレアチンは、食品にも含まれていることがわかりましたが、筋力アップ、効果アップを狙う方は、もっと効率よく摂取する必要があります。

 

その際に有効なのがクレアチンのサプリです。

 

クレアチンはインスリンによって筋肉に運ばれていきます。

 

クレアチンをより効果的に体内に摂りいれるには、このインスリンが分泌されているときに摂取することが大事なので、タイミングを見計らいましょう。

 

インスリンが分泌されるのは炭水化物を摂取したとき、食後の血糖値の上昇を抑えるためにも分泌されるので、食後に摂取するのが効率的と言えますね。

 

また、運動後は糖分を含む飲み物と一緒に摂取することにより、効果アップが狙えるので、運動後の水分補給の仕方も大事になってきます。

 

クレアチンのサプリは、粉末状になっているものが多いので、糖分を含み飲み物と合わせて簡単に摂取できそうですね。

 

ただし、カフェインを含むものや、酸味を含むものは、クレアチンの成分を変えてしまう恐れがあるので、避けた方が良いかもしれません。

 

<クレアチンは食品からも摂れるの!?気になる効果とは?:まとめ>
毎日の運動に加え、筋力アップを狙う方は、食品とサプリで効率的にクレアチンを摂取することが良いでしょう。

 

食品からだけだと、1日のうちで摂取できる量は限られてきますよね。

 

運動量、消費量が多い方は、食品からだけでなく、足りない分を補うようにサプリをうまく使ってみて下さい。

 

飲むタイミングや、摂取量にも注意し、なりたい身体に近づけるように体力作りを行っていきましょう。

 

クレアチンはまだまだ新しいサプリなので、副作用などには十分注意し、体調をみながら摂取していってくださいね。

 

>>メタルマッスルHMBをアマゾンで買う前に【94%OFFが最安値】