クレアチンのサプリは軟便になる!?気になる副作用をチェック!

みなさんは日常的にサプリを摂取していますか?

 

毎日の食事では足りない栄養を補ってくれるのがサプリの役目ですよね。

 

サプリは薬とは違い食品に分けられるので、安心して摂取できるものがほとんどだとは思いますが、個人の体質によっては合わないものもありますよね。

 

副作用とまではいかないかもしれませんが、サプリを摂取している方から報告があるのも事実です。

 

クレアチンは比較的新しいサプリであり、まだまだどのような副作用があるかわからない部分があるとされています。

 

いま寄せられている副作用では“軟便”“下痢”というのがあげられます。

 

また、海外では腎機能の低下という深刻な例もあげられています。

 

簡単に摂取できるサプリだからこそ気をつけたい部分も多く、クレアチンを摂取する際の注意点なども合わせてみていきましょう。

 

<クレアチンのサプリの効果とは?>
クレアチンは日常的に食べ物からも摂りいれることが可能なのですが、人よりも運動量が多い方や、筋力をつけるために消費量が多い方は、サプリなどを使いクレアチンを効率的に摂取することで身体能力アップや、持久力増加が見込めます。

 

サプリを摂取することで、より強いパワーを発揮できることに期待がもて、アスリートも摂りいれていることで話題にもなっていますね。

 

クレアチンのサプリを摂取する際には、通常ローディング期と、メンテナンス期に分けて摂取するとされています。

 

ローディング期は、身体の中のクレアチンの量をいっぱいにする充電期間とされ、メンテナンス期は、身体の中のクレアチンの量が減らないように徐々に補充していく期間のことを指します。

 

この2つの期間では、摂取量もかわってくるので、日常的にクレアチンを摂取したい方は、飲み方にも注意してみましょう。

 

<軟便になる理由とは>
クレアチンを摂取していて、軟便になるという噂ですが、軟便の他にも、脱水症状や下痢という副作用も報告されています。

 

クレアチンは水と結びつきやすい性質を持っているため、クレアチンを摂取する量が増えれば増えるほど、体内で必要な水分の量も増えます。

 

そのため、クレアチンを摂取する際は、十分な水分をとらないと、上記であげたような脱水症状が起こると考えられます。

 

また、軟便の症状が出る方は、クレアチンの摂取量が多いことに原因があるかもしれません。

 

クレアチンの摂取量が多いと、吸収しきれなかったクレアチンにより、腸の浸透圧が高まってしまい軟便、下痢になってしまうことがあります。

 

このような場合は1日に摂取すべきクレアチンを1度で摂取しようとせず、1日に何度か小分けにして飲むことが改善策として有効だとされています。

 

軟便、下痢になってしまうと、吸収すべきクレアチンも十分に摂りいれることができなくなってしまうので、軟便の症状が出ている方は、一度飲み方を変えてみるのが良いかと思います。

 

<クレアチンを摂取する際の注意点>
クレアチンを摂取する際の最低限の注意事項は、水分を十分に摂取することです。

 

目安としては、1日約2Lは飲むようにした方が良いですね。

 

クレアチンを摂取するタイミングは、食後やトレーニング後が良いとされており、クレアチンの吸収力を高めることに期待がもてます。

 

また糖分が含まれた飲み物と摂取することで、吸収力を高めてくれるので、トレーニング後は水分補給と合わせて糖分摂取も意識してみると良いですね。

 

そして、軟便や下痢にならないためにも、1日の中でクレアチンを小分けにして摂取することが大事です。

 

あくまでも、クレアチンが原因で軟便になっている場合ですが…。

 

<クレアチンのサプリは軟便になる!?気になる副作用をチェック!:まとめ>
どんな食品、薬にも副作用と呼ばれるものは付いてまわりますよね。

 

それはその人の体質であったり、そのときのコンディションにもよるものがほとんどなのですが、抜群のコンディションでありながらも、いつもと違った症状が出ている場合は、使用方法を見直す必要があります。

 

クレアチンの場合は軟便や下痢という症状がでることがあり、十分にクレアチンを吸収できないという状態になることがあるので、飲み方には十分注意が必要です。

 

正しい飲み方を習得して、効果アップに繋げましょう!

 

>>メタルマッスルHMBをアマゾンで買う前に【94%OFFが最安値】